社長短信の記事一覧

第220号

社長短針 2016年1月 第220号

 

つばめ交通におきましては、昨年も多くの出来事がありましたが、それらを大過なく乗り越えて、新たなる気持ちで新年を迎える事が出来ましたのも、社員の皆様が平素からお役立ち精神にて誠実に頑張って下さっているお陰であり、心から深く感謝を申し上げます。

いろいろな出来事を通じて、多くの気づきもありましたが、その気づきを思うだけで終わらせることなく、行動に移して成果が出るまで継続する事が大切です。

特に命の尊さと時間の有限性を深く感じ入りました。

私達人間が天から平等に与えられているものとして、一日24時間という時間の長さがあります。

人生を百歳まで生きれるとして、例えば一日1時間の無駄遣いをすると三万六千五百時間、千五百二十日、約四年分の無駄遣いをする事になります。

これが一日十分の無駄遣いでも、六千時間、二百五十三日の無駄遣いとなります。

そう考えると一日単位ではなく、1時間、あるいは十分単位で時間を大切にしたいものですが、無駄な時間を無くすよりも逆に考えて、毎日十分でよいから自分のためになる時間を作るようにしては如何でしょうか。

私は毎日十分は本を読むようにしています。

積小偉大という二宮金次郎さんの有名な言葉がありますが、現在六十歳の私が百歳まで毎日10分の読書を継続出来たら、二千四百時間、百日間連続の読書をしたことになります。

新聞も良いですが、単なる情報誌よりも、やはり自己研鑽となるような本(心の栄養剤)を毎日10分でも読む方が人間力の向上につながると思います。

特に月刊誌「理念と経営」と「致知」はお勧めです。

また、命の尊さを感じた時に、命ある者同士とのこの世におけるご縁を更に大切にしたいと考えました。

私は名刺交換をしたり、お世話になった方へお葉書を出すように心掛けていて、昨年は年賀状を含めると二千通あまりの葉書を書きました。

単に印刷したものを出すのではなく、その方の事を思い、手書きにて、お名前と一言添えています。

「縁ありて花開き、恩ありて実となる」という私の大好きな言葉がありますが、縁を大事にして実を結ぶ事が人生の妙味であり、一度しか無い人生をより充実した幸せ多いものに出来ると思いますが如何でしょうか。

正月は正しい事を考えて、正しく実行する月です。

皆様は今年一年、何を実行されますでしょうか。

行動は足元から、という言葉があるように、先ずは簡単な事から始めては如何でしょうか。

皆様の益々のご活躍とご多幸をお祈りしています。

 

 

第219号

社長短信 2015年12月 第219号

 

有終の美を飾りましょう

 

私事で恐縮ですが、今年、還暦を迎えて時が経つのが年々早く感じるようになりました。

 

健康年齢という言葉がありますが、元気で動ける平均年齢を80歳としたら、残りは4分の1ですから余計に時の過ぎるのが早いと感じるのかも知れません。

 

時は金なり、という諺がありますが、お金で時が買い戻せるものなら幾らでも払ってやり直しをしたい事が多々あります。

 

しかし、残念ながらどんなに大金を払っても過ぎた時は買い戻せません。

 

時が経つのと並行して命も刻む訳ですから、時は命だと考えるべきではないでしょうか。

 

時は命だと考えるようになって、私は時の大切さをより一層に深く感じて、時を大切に丁寧に過ごしたいと考えるようになりました。

 

1日24時間という時間は人間に平等に与えられているものですが、その使い方次第で人生は大きく変わる事は皆さんはよくご存じのはずです。

 

一事が万事、という言葉があります。

 

意味は、一つの事を励めば、万事は好転するという意味であり、一つの事をおろそかにせずにやり抜く事が大切だという教えです。

 

一つの事をおろそかにすると全てがイイ加減になるのが人間の常のようです。

 

例えば、一旦停止をキチンと行わない人は、安全確認もおろそかになる傾向が強いようです。

 

車の清掃を丁寧にされている人は、接客面においても大変に丁寧で細やかな心配りをされています。

 

生活面においても、玄関先でキチンと靴がそろっている家庭は家の中もキレイに整理されていますし、更には家族の人間関係も丁寧で和やかです。

 

今年も残り少なくなりましたが、あれもこれもと欲張ってやろうとするよりも、何か一つの事をやり抜く事で万事が好転すると考えて、どんな小さな事でもよいから何か一つやり抜いてみませんか。

 

その事が時を大切にする事となり、更には有終の美を飾ることにつながると思いますが如何でしょうか。

 

末筆になりましたが、今年もつばめ交通でご縁のあった皆さんには大変にお世話になりました。

 

心から深く感謝を申し上げます。

 

そして来る年が皆様にとりまして更に幸多いものとなりますように心からお祈りしています。

 

 

感謝合掌 山内 恭輔

第218号

秋の安全接客研修会の一番の成果

 

秋の安全接客研修会が無事に実り多くして修了しましたが、これも乗務員の皆さんのご協力と、設営と運営にご尽力を頂いた管理職の皆さんのお陰です。
心から深く感謝を申し上げます。

 

この研修会を通じて多くの成果を作り出して頂きましたが、一番の成果は皆さんの礼節マナーの素晴らしさを通して更に人間力の向上を図れたことです。

 

研修会場として観音マリーナの施設を使わせて頂いて今年で3年目ですが、県の職員の皆さんが口を揃えて誉めて下さった事が、つばめの社員の皆さんは挨拶が丁寧であること、タバコの吸い方のマナーをキチンと守っていること、歩く姿がキビキビとして立派であること、そして時間前には全員が集合して13回の研修会の全てが時間前にスタートしていた事だそうです。

 

今まで多くの職種の方々が研修会場を利用されていたそうですが、礼節マナーの素晴らしさは一番でしたと会場使用のお礼に行った高田常務、金井部長に言って下さったそうです。

 

この研修会の当初の目的は安全性の向上と接客サービスの向上を目指して、ロールプレイによる接客訓練や運転技術や法令知識などの仕事力を高める事でしたが、それ以上の成果として皆さんの素晴らしい礼節マナーを通して更なる人間力の向上を図る事が出来た事を大変に嬉しく、そして誇りに思います。

 

タクシー課だけでなく、バス課も10月分のアンケートの返信で田川さん、芳之内さん、横道さん、竹下さん、河本課長補佐がお客様から大変に高い評価を頂いています。
更には杉田係長や増井さんにはわざわざにお客様から嬉しいお礼状が届きました。

 

バスはタクシーと違って長い時間をお客様とご一緒しますので、心から一所懸命に仕事をしていると必ずお客様に伝わりますが、お客様から楽しい旅になりました、と誉めて頂き、大変に嬉しく思いました。

 

人間は誉めてもらう事が一番の喜びであり、誉められると心が温かく豊かになりますが、仲間を誉めて頂く事も同じ仲間としてひと味違う喜びがあります。
仲間の良い情報、誇りに思える情報を皆さんが聴いたり見たりされたら是非とも高田常務に教えて下さい。

 

常務が上手に文章にして皆さんに紹介して下さいます。

 

一緒に頑張る仲間をお互いが誉め合うことで、豊かで温かい心が溢れる社内環境を作り出したいと思います。

 

立秋が過ぎ、あっという間に師走を迎えますが、くれぐれもお身体をご自愛下さい。

 

 

感謝合掌 山内 恭輔

第342号

一人前と一流との違い 第342号

 一人前とはお客様の期待に応えて満足を提供出来る人です。
一流とはお客様の期待を超え感動を提供出来ると共に、選んでご利用下さるお客様を作り出す力を持つ人です。
一般的にお客様は一年間に約15%消滅しますので、企業存続のためにはお客様を作り出す必要があります。
ですから私達は一人前のレベルで満足することなく、更に一流を目指してお客様を作り出す必要があります。
一人前と一流との違いは、仕事の目的である「人の役に立ち、人に喜ばれる事」を理解しているだけでなく、それを達成しようという志の高さと努力の違いです。
一流が集う、誇りの持てる会社にしていきましょう。

つばめ交通株式会社 代表取締役兼お客様満足係 山内 恭輔

社長短信 2015年9月 第216号

社長短信 2015年9月 第216号

 

仕事はデジタル、人間関係はアナログ

 

朝晩がずいぶんと涼しくなりましたが、皆さんお元気でお過ごしの事と嬉しく思います。

さて、いよいよ今月から無線配車システムを13年ぶりに新型のデジタルAVMに更新します。

デジタルAVMの主たる導入目的は、配車効率と正確性の向上によるお客様満足と社員さん満足の向上です。

特に、今まで音声でお伝えしていたお客様の住所などの情報を文字データで送るだけでなく、新規に取り付けるGPSナビ画面に地図情報も表示しますので配車の迅速性、正確性が格段に向上する事が期待出来ます。

更には、GPSによるタクシーの位置情報と方向の精度が向上して、受注電話が掛かって来たお客様に最も近いタクシーをコンピューターが瞬時に探し出して配車係に示してくれますのでタクシー乗務経験の無い、地理が判らない人でも配車をする事が出来ます。

他にも多くの利便性や効率性が向上しますが、忘れてはならないことは、機械に人間が使われるのではなく、人間性を失う事なく人間が機械を使うことが大事です。

例えば、最近はメールやラインが進化して、瞬時にコミュニケーションが取れる大変に便利な世の中になりました。

しかし、便利だからといってメールやラインを使って大切なお願い事をしたり、お礼やお詫びをするようになると人間関係が希薄になる危険性が大いにあります。

やはり、人にお礼やお詫びをしたり、モノを頼む時には実際に顔を合わせてから行うアナログが大切です。

もちろん、仕事においてお客様の情報の共有化はデジタルをしっかりと活用して瞬時に正確に行う事は重要かつ必要な事ですが、データ電送のやり取りだけのデジタル配車では迅速で正確な情報の交換は出来ても、相手のヤル気を引き出す事や、社内の人間関係を良好にする事には、効果性は不十分だと私は考えます。

この度、導入します新型のデジタルAVMは、お客様情報交換はデジタルを活用しますが配車係から乗務員さんへのお願いや労いや「ありがとうございます」の言葉は従来通りちゃんと音声で行いますし、乗務員さんも、配車を受けた時の了解報告と一緒に「ありがとうございます」も音声で伝えて頂きたいと思います。

つばめ交通の無線配車は、情報伝達はデジタルで行っても、その他のやり取りは、なるべく人間味が溢れるアナログの音声配車を重視したいと考えています。

配車係の皆さん、乗務員の皆さんのご理解とご協力を是非とも、どうぞよろしくお願いいたします。

季節の変わり目ですが、お身体、ご自愛下さい。

感謝合掌 山内 恭輔

社長短信 2015年8月 第215号

社長短信 2015年8月 第215号

 

残暑お見舞い申し上げます。

 

大変に暑い日々が続きますがこの暑さに負ける事なく元気でご活躍頂いている皆さんに深く感謝致します。

しかし、寝苦しい夜が続くと睡眠不足になり、疲れが溜まってきて集中力も下がりますし、ついイライラとなりがちになります。

私達の仕事はお客様の大切な命をお預かりしていますので、心と身体の両方を調える事は大変に重要ですし、更には、私達はどんな天災が来てもバスや電車よりも最後に残る公共輸送機関であり、世の中に必要とされる仕事です。その自覚と誇りを持って体調管理を万全にして下さいますようよろしくお願い致します。

さて、前述しましたように、私達は最後に残る公共輸送機関であり、世の中から必要とされる仕事ですが、その責任を果たすためには安全運行力を含めた仕事力と人間関係を良好にしてお客様満足を作り出す人間力の両方をバランス良く高める事が必要となります。

仕事力は普段の仕事を通して高める事が出来ますが、時には自分の仕事の仕方がお客様満足を正しく作り出せているかを検証する実地検証訓練を行う必要があり、その一番有効な方法が仲間と行うロールプレイです。

自分の運転の仕方や接客の仕方を仲間から検証してもらうだけでなく、他人からも見て学ぶ事も大切です。

毎年恒例の秋の安全接客研修を通じて更に仕事力を高めて、世の中から必要とされ信頼されて、誇りが持てる理想の会社へ更に一歩近づきたいと考えています。

皆さんのご理解とご協力をよろしくお願い致します。

次に、良い人間関係を築き、お客様満足を高めるために必要な人間力の向上は仕事のためだけでなく皆さんの人生を更に心豊かにするために是非とも必要です。

そのための方法として新たに月刊「理念と経営」という本を使った勉強会を開催する事に決めました。

「理念と経営」という本を皆さんに読んで頂き、事前に指定した記事の感想文を書いて、それを仲間の前で発表して意見交換をするという勉強会です。

「読む、書く、話す」という訓練は、人間力を高めるために大変に有効ですし、幅広い知識を吸収する事でお客様とのコミュニケーションも更に良好になります。

更には、仲間と一緒に一冊の本を元に意見交換をする事で仲間とのコミュニケーションが深まり、社内の風通しが更に良くなり、私が理想とする「強くてしなやかな組織」に更に一歩近づけると期待しています。

勉強会の詳しい方法は実行委員長である高田常務の方から改めてお伝えしますので、皆さんのご理解とご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

感謝合掌 山内 恭輔

社長短信 2015年7月 第214号

社長短信 2015年7月 第214号

 

つばめ交通ブランドイメージアップ作戦

 

今年の行動基本方針の5つの中に「生産性向上」と「商品力の向上」を掲げていますが、これらの目標を達成するために、つばめ交通のブランドイメージアップ作戦を行う計画を立てました。

先ずは、既に週間一言で紹介しました制服の刷新です。

長年、慣れ親しんできました紺色の制服から、より品格の高いイメージとなる黒色に変更しました。

ネクタイも夏と冬とで、色を変える予定です。

黒色のタクシー車体に併せた黒色の制服は、きっと街中でもお客様から高い好感度を得て、更に選んでご利用頂ける成果を作り出せると思っています。

そして、社員の皆さんが同じ制服を着ることで、共通意識の向上を図り、更なる理念の浸透と仲間意識の向上による組織力の強化を目的としています。

これにより、将来に向かって勝ち残っていける強くてしなやかな組織に更に一歩近づけると確信しています。

また、対外的な広報活動として、つばめの社員さんの素顔や、安全性と快適性の向上に向けて社内研修などで努力されている様子、あるいは、妊婦応援タクシーなどのつばめ交通の商品の事をお客様だけでなく、社員の皆さんとそのご家族の方に知って頂くために、A4版2ページサイズのつばめ通信を発刊しました。

これは年に4回発刊する予定です。

更には、ラジオによる広報活動も行います。

内容は、CMにありがちな自社の商品説明や「ご利用をお待ちしています」などの宣伝ではなく、社員さんが仕事を通じて嬉しかった事を本人の生声による20秒コメントで放送して、聴いている方からの共感を得て、つばめ交通へのイメージを向上させる狙いです。

既に収録は終わりましたが、この度はタクシー課2名、バス課1名、ハイヤー課1名、トラベル課1名の計5名の方々のご協力を得て行いました。

収録したテープを聴いて、素人ならではの広島弁とアクセントに大変に親近感を覚えましたが、きっと多くの方々の共感を得る事が出来ると楽しみにしています。

このラジオCMは7月末から放送する予定ですが、詳しい放送日時が判り次第お知らせします。

また、このラジオCMも半年後の1月には新たに出演者を変えて作成をして放送する予定ですので、皆さん楽しみにしておいて下さい。

これらの広報活動を通じてつばめ交通のブランドイメージを更に向上させることで、より多くの方から選んでご利用頂ける成果を作り出していく所存ですので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

感謝合掌 山内 恭輔

社長短信 2015年6月 第213号

社長短信 2015年6月 第213号

 

先般、開催しました社員総会へ全社員の皆さんのご参加を賜り、誠にありがとうございました。

年に一度開催します全社員総会の開催目的は、全社員の皆 さんに今年度の我が社の進むべき方向をご理解頂くと共に、皆さんと一堂に会してコミュニケーションを図り、心と力を合わせて一枚岩の「強くて、しなやかな組織」を作り、世の中の役に立つと共に、社員さんを幸せに出来る、永続企業となるためです。

「強い組織」とは、目標を達成する力が強い組織であり、仲間との結束力、団結心、助け合いの心が強い組織です。

「しなやかな組織」とは、環境の変化に、的確に、正確に、迅速に対応出来る組織の事です。

環境変化が大変に激しい世の中において、未来へ向かって永続出来る企業は、強くて、環境変化への対応力のある

「強くて、しなやかな組織」を持つ企業のみです。

企業の一番の命題であり、最も大切な経営目的は永続することであり、永続出来る企業こそが、世の中の役に立ち、社員さんを物心両面において幸せに導ける会社となります。

どんなに素晴らしい社員さん、優れた商品を持っていても、企業が永続出来なければ単なる宝の持ち腐れとなります。

年に一回の総会ですが、更に「強くて、しなやかな組織」を作り、未来へと永続出来る企業を目指す所存です。

さて、タクシー課においては一人当たりの売上が向上して皆さんの手取り収入が増えた事を大変に嬉しく思います。

また、ハイヤー課、バス課、トラベル課、運転代行課も景気向上の追い風に乗り、皆さんが大変に頑張って良い成果を作り出して頂きましたこと、とても嬉しく思います。

しかし、大変に残念ながら昨年度は2件もの重大事故を起こしてしまいました。

あってはならない重大事故が2件も発生した訳ですから、これは非常事態と言わざるを得ません。

従いまして、今期の経営方針

「人間力の向上を通して、増員、増客、増収、増益」

を達成するための5つの行動基本方針の最優先事項として

「安全性の向上」と掲げました。

今一度、我が社の安全理念「安全は全てに優先する」に立ち返り、皆さんと共に事故撲滅の強化に取り組む決意です。

そして、2つ目に「生産性の向上」

3つ目に「職場環境の向上」

4つ目に「商品力の向上」

5つ目に「社員の増強」を掲げました。

これら5つの行動基本方針の必要性を皆さんに深く理解して頂き、そして方針に沿った行動を通して、より質の高い、大きな成果を作り出したいと思います。

皆さんのご理解とご協力をどうぞ宜しくお願いいたします。

 

感謝合掌 山内 恭輔

社長短信 2015年5月 第212号

社長短信 2015年5月 第212号

 

仮眠の勧め

 

体調不良の原因の一つに睡眠不足が挙げられます。

睡眠不足は肉体的な問題だけでなく、イライラしたり、思考力が低下したり、集中力が散漫になったりと精神的にもいろいろな問題を引き起こします。

私達、接客サービス輸送業に従事する者にとりまして、安全運行を行うために、判断力の低下を防いだり、集中力を維持することはもちろんのこと、お客様への気配りや心遣いを行うための心のゆとりを作り出すためにも、睡眠不足の解消は大切な課題です。

睡眠不足の解消は長く寝る事が一番だと考えがちですが、短い仮眠でも睡眠不足の解消が十分に出来るそうです。

ナポレオンは一日の睡眠時間が3時間と大変に短いことで有名ですが、実は彼は馬上で2~3分の短時間で睡眠を取って睡眠不足の解消を上手に図っていたそうです。

人間は90分周期で浅い眠り(レム睡眠)から深い眠り(ノンレム睡眠)へ、そしてまた浅い眠りへと繰り返しますので、目覚まし時計を掛ける時には90分単位で計算をして、例えば6時間後にすると目覚めが非常に良くなります。

ナポレオンの3時間睡眠は理に適っているようです。

逆によく寝たつもりでも、90分の周期の中で深い眠りに居る時は目覚め悪く、疲労感が残るようです。

さて、「仮眠のすすめ」の話に戻りますが、人間は寝ると先ずは浅い睡眠(レム睡眠)に入ります。

この浅い睡眠は脳を活性化してストレス解消、精神疲労の回復、そして集中力や思考力、判断力の向上、更には心臓病のリスク低下にも効果があるそうです。

しかし、仮眠も30分を過ぎると深い眠りに入って脳を休息状態にしてしまうので、もし、この深い眠りの状態の時に起きようとすると脳が休息状態のために目覚めが大変に悪くなり仮眠も逆効果になるようです。

仮眠は10分から15分までが最適のようです。

また、実際に眠る事が出来なくても、10分から15分くらいの間、目を閉じて安静状態にしているだけでも仮眠と同じような効果が期待出来ます。

そして、目が覚めた後に、脳を軽く刺激する事が必要です。

その方法は、背筋伸ばしなどの軽い運動とか、会話をするとか、水で顔を洗う事も有効なようです。

脳がまだ休息の状態で直ぐに行動すると、判断力や反射神経が十分に機能していないために非常に危険です。

仮眠を取る時は、先ず車を安全な所に停めて、リラックスした状態で10分から15分くらい寝て、起きたら脳への軽い刺激を与える、これを習慣化して安全運行、快適運行、そして生産性向上に努めては如何でしょうか。

つばめの仲間の皆さんのご多幸を心からお祈りしています。

感謝合掌 山内 恭輔

社長短信 2015年3月 第210号

社長短信 2015年3月 第210号

 

 

皆さんは親しい人が病気になった時に、早く良くなりますようにとお祈りされていると思います。

あるいは自分自身が逆境に遭遇した時にも、早く乗り越えられますようにお祈りされていると思います。

困った時の神頼みという言葉がありますが、私は神様は決して平等には私達を扱われないと思います。

やはり、どれだけ平素から正直に生きているか、更には人の役に立つ生き方をしているかによって祈りの通じ方が違うと思いますが、皆さん如何でしょうか?

先般、社内掲示を見られたと思いますが、つばめファンの中で正義感の強い方から「つばめ交通において、まじめに仕事をしている人がバカをみては欲しくないから」と言う理由にて、大変に有り難いご意見を頂きました。

1)お迎え時に、姿が見えても車から離れようとしない。

降雨時にビルの玄関まで傘を持って迎えに来ない。

呆れたことに車から降りようとしない人も居る。

2)安全運転宣言どころか、挨拶も無い失礼な人も居る

3)ドアーサービスをまったくする気が無く、降車時に降 りる素振りすら無い呆れた人が居る。

たまたま出来なかった方もいると思いますが、このお客様は長年にわたり、ほぼ毎日つばめをご利用されますので、冷静に私達一人一人を観察された上でのご意見です。

皆さんはどう感じられますか?

私は大変に残念に思って今回の筆を執らせて頂きました。

皆さんの多くは、仕事を通して、つばめ交通がお客様から選ばれていることを実感されていると思います。

「選んでご利用頂ける」という成果は長年にわたり多くの先輩や仲間が一所懸命に努力をして作り出した宝物です。

つばめの今の多くの仲間は更に選ばれる努力をして下さっていますが、残念ながら仲間が作り出してくれた成果の上にアグラをかいているだけの人も居るようです。

迎車時のお出迎え、降雨時の傘サービス、安全運転宣言、降車時のドアサービスはお客様に安心を提供し、選んでご利用頂く事を目指して作ったつばめ交通の接客ルールです。

会社という組織内で働く限りには、ルールは一緒に働く仲間との約束ですから破らないで欲しいと思います。

あるいは、降雨時の傘やお見送りは、ルール以前の人間として当たり前のマナー、相手への思いやり、優しさです。

私達は一緒に机を並べて仕事をしていないので仲間の一人一人が実際にどのような仕事をしているかは分かりません。しかし、人が見ていないからこそキチンとルールを守る事、仲間との約束を守る事が徳を増すことになると思います。

人が見ていなくてもお天道様はちゃんと見ておられ、そして大事な場面でお天道様は徳を多く持つ人に対してキチンと正しい審判を下されると思いますが如何でしょうか?

でも、このようなご意見を頂ける事は我々の誇りにますね。

1 2 3 4 5 6 7 8 13