社長短信の記事一覧

第228号

社長短信 2016年9月 第228号

 

人生二度無し、という事は誰もが知っています。

更には、人生は一度きりだからこそ、時間の有限性を知り、時間を大切にするべきだと誰もが知っています。

また、自分の人生の主役は自分であり、自分が納得する最高の人生を送るべきだと誰もが知っています。

けれども、知っているだけで何もしない人と、一度きりの人生だから、より充実した幸せ多いものにしたいと考え行動する人とでは人生は大きく違ってきます。

私が人生二度無し、という厳然たる事実を痛感したのは父親が23年前に63歳で亡くなった時です。

父は21歳の時、昭和26年につばめ交通の前身であるつばめタクシーを広島の地で創業しました。

戦後の動乱が続き、仁義なき戦いの映画舞台にもなった広島の地での商売は相当な苦労があったと思います。

私は昭和30年に産まれましたが、小さい頃には両親はいつ寝るのだろうかと不思議に思うくらいに父も母も共に一所懸命に働いていました。

創業期から成長期を経て40年近く経ち、ようやく会社も安定期に入り、父が還暦を迎えた時に「今までは仕事ばかりだったが、これからは少し自分の人生を楽しみたい」と言った矢先に病に倒れ、あっという間に亡くなってしまいました。

その時に父の「人生はこれからなのに無念だ」と言った言葉が今でも忘れられません。

父にはやりたい事がまだまだたくさんありましたのに、本当に無念だったと思います。

人間には寿命があり、誰もがいつかは死を迎えます。

けれども、自分の寿命の長さを誰もが明確に知っていないために死というものへの実感が湧きません。

しかし、もし、あと余命一年と医者から宣告をされたら如何でしょうか。

きっと一日あるいは1時間を大事に生きると思います。

人生を大事に生きるとは、人様とのご縁を大切にして生きるという事です。

何故なら人生は人様とのご縁の積み重ねであり、そのご縁があってこそ人生がより良いものになるからです。

つばめ交通も今のように広島で最も選んでご利用頂ける会社になる事が出来たのも、創業期から会社を支えて下さった多くの社員さん、お客様、取引業者様から有り難いご縁を頂いてきたお陰です。

この社長短信を作成しています9月12日は父の命日ですが、自然とこの内容になったのは、きっと、父が人様とのご縁をもっと大事すると共に人生を大切に生きなさいと改めて導いてくれたからだと思います。

いつまでも見守ってくれている父に感謝します。

感謝合掌 山内 恭輔

 

第227号

社長短信 2016年8月 第227号

 

縁ありて花開き、恩ありて実となる

 

先日の8月2日に元つばめ交通のハイヤー課に所属されていた岩崎裕一さんが亡くなられました。

享年79歳でしたが、まだまだ早いお別れでした。

岩崎さんの名前を聞いても知らない方が多いと思いますが、49年前に入社されて30年間つばめ交通に勤めて下さり、19年前に還暦を迎えられてから退職されました。

現在もハイヤー課にて頑張って下さっている畠山さんも岩崎さんと同時期に入社されました。

お通夜式には畠山さんと配車室の宮田顧問と宮田次長、そしてハイヤー課にて弟子であった東課長と片山さんも来て下さっていました。

私が37年前に入社した頃にハイヤー課が新設されて、その3年後くらいに岩崎さんがタクシー課からハイヤー課へ転属されましたが、まだその頃は大型のベンツと日産プレジデントの2台だけでした。

今のように毎日仕事があるわけでもなく、ホテルにて待機営業することが多かったのですが、岩崎さんがハイヤー課の課長に就任されてから積極的に営業をされて仕事を増やされて、ハイヤー車両を少しずつ増車していきました。

現在ではセダンハイヤーとジャンボハイヤーが合計14台もいますが、そのハイヤー課の基盤を築いて下さったのが岩崎さんです。

ハイヤー課を大きく成長させて会社への貢献度が高かった事も事実ですが、何よりも、岩崎さんの明るくてユーモアたっぷりの人柄にて、いつも岩崎さんの周りは笑い声が絶えない独特の存在感がありました。

私がつばめ交通へ入社したのが37年前ですので、12年も先輩で18歳年上でしたが誰に対しても親切で、新入社員の私にも丁寧に仕事を教えて下さいました。

元々細身でスタイルの良い方でしたが、ハイヤー課の制服であるスーツをお洒落に着こなして大変にダンディで格好良かった事を覚えています。

手先も大変に器用で大工仕事が得意で、還暦を迎えて退職されてからは趣味の絵を描く会を主催されたりと人生を本当に楽しまれた方でした。

お盆はとても不思議な時期でして、昔にいろいろとご縁があった人の事を懐かしく思い出しますが、岩崎さんを偲んで筆を取らせて頂きました。

縁あってつばめ交通へ入社され、ハイヤー課にて花を咲かされ、今では中四国で最大手のハイヤー課という大きな実に成長させて下さったご恩に感謝しますと共に岩崎裕一さんのご冥福を心からお祈り申し上げます。

 

感謝合掌 山内 恭輔

 

第226号

社長短信 2016年7月 第226号

人生とは、人知では計り知れない因縁を積み重ねて生きること

この短信を読んで下さる頃には梅雨も明けて、暑さが一段と厳しくなっていると思いますが、皆さんお元気でお過ごしでしょうか。
さて、標題の言葉は日本で初めてセルフサービスのスーパーマーケットを全国展開されたニチイの創業者婦人で今年95歳になられる西端春枝さんの言葉です。
先般、講演会にてお話を聞かせていただき、声にとても張りがあり、顔のツヤが大変に良くて、ユーモアに溢れて、三まわり以上に若く見えるお方でした。
約2時間、お話をされましたが、人間への愛情が溢れ、共感する事が多く、久々に深く感動しました。
西端ご夫婦は、戦後の大坂にて無一文の状態から、衣料品を仕入れてトタン板一枚の上に並べて商売を始められ、多くのご苦労をされながらも、多くの賛同者を得て、ニチイグループを全国へ展開されました。
人生を全力で一所懸命に駆け抜けて来られた人の言葉には重みと説得力がありますが、特に標題の言葉の内容の深さに感銘を受けた次第です。
人知で計り知れない因縁、とは人の知恵や体験では想像もつかない、創り出す事も出来ない出逢いの事です。
例えば、子供との出逢いも人知では計り知れない縁による授かりものですが、子供だけでなく友人や先生との出逢い、更にはいろいろな出来事との出逢いの積み重ねが人生そのものであり、それらの出逢いによって人生は大きく左右します。出逢った縁に感謝して、縁を大切に生きる事が大事なのですが、人間はつい他人と比べてしまうので、そこから不孝が始まります。
しかし、他人をうらやむよりも、上を目指して一歩でも成長を目指す努力が人間の歩むべき正しい道です。
また、多くの出逢いの縁の中には自分には好ましくない出逢いもありますが、それらの縁を拒否して生きていると人間関係はどんどん狭くなり、居心地の悪い、幸せ感の薄い生き方になります。出逢いは必然であると考え、どんな人間でも受け入れる努力が必要であり、その時の大切な心構えが相手を許すという心情です。
相手の存在を我慢していても、いつかは限界が来ます。
人間はお互いに不完全な存在なのだから『お互い様』という気持ちで相手を許すことが人生において最も大切な生き方だと言われて大いに感銘した次第です。
つばめ交通の経営理念「人に優しく」と掲げましたように、人を許し、受け入れる度量の広い自分を作り、更には人間作りを目指していきたいと思いました。

感謝合掌 山内 恭輔

第225号

社長短信 2016年6月

 

先日の社員総会は大変に明るく和気あいあいとした雰囲気の中で開催することが出来ましたが、これも素晴らしい会場と共に丁寧な接客をして下さったララシャンスのスタッフの皆様のお陰であり、更には、社員の皆さんの前向きなご協力と総会設営と進行にご尽力を頂きました管理職の皆さんのお陰です。

本当にありがとうございました。

特に嬉しかったのは、講演を頂きましたインターリスク総研の寺西講師や認知症講習の須之内講師からつばめ交通の社員さんが目を合わせて一所懸命に聴いて下さるので大変に話がしやすかったという感想とお褒めの言葉を頂いたことです。

人間は自分の話を一所懸命に聴いてくれると嬉しいものですし、聴き手に好意を持ちます。

ララシャンスの責任者の方からも講演を真剣に聴いている私達の姿を見て大変に感心されたそうです。

何度も講演をして慣れている講師でも、その能力を百%発揮させるのは聴き手の姿勢次第だそうです。

谷川先生は最初につばめ交通の社員総会で講演を賜った時から、つばめの社員さんは一所懸命に聴いてくれるから大変に話がしやすいし、その姿勢が立派だと誉めて下さいました。

だからこそ、毎年、これが最後だと言われながらも必ず来て下さるのだと思います。

実は、講師の能力を100%発揮させる方法は明文化されています。

一つは目を合わせること。

二つ目は、うなづくこと。

三つ目は、声を出して相づちを打つこと。

これは講師だけでなく、接客サービス業に応用することで、お客様満足度を高めることが出来ます。

ちなみに、タクシー車内の接客に当てはめてみますと、

一つ目の、目線を合わせるのは運転中は難しいと思いますが、ご乗車頂いて挨拶をする時や降車時の精算する時に目線を合わせることは出来ます。

2つ目のうなづく、3つ目の声を出して相づちを打つ、のはお客様との話が盛り上がった時に実行は可能です。

特に、運転中は前を向いて顔の表情が分かりませんので、声を出して相づちを打つ、というのはハッキリとした声を出したいものです。

そうすることで、お客様は自分の話を一所懸命に聴いてくれていると感じて満足度が高まりますし、好意を持って下さるので接客もやりやすくなると思います。

この3つを仕事だけでなく、平素の人間関係においても活用する事で、幸せの土台である良き人間関係を構築して欲しいと思います。

第224号

社長短針 2016年5月 第224号

 

今月の24日と25日に毎年恒例の社員総会を開催させて頂きます。

社員総会の開催目的は「強くて、しなやかな組織」を作り、成長発展、永続出来る企業とするためです。

「強い組織」とは、目標を達成する力が強く、更には、仲間との助け愛、励まし愛、信じ愛、許し愛の精神が強く発揮されている組織です。

「しなやかな組織」とは、環境の変化に、的確に、正確に、迅速に対応出来る組織の事です。

大変に変化の激しい世の中で、未来へ向かって勝ち残れる企業は、強くて、変化対応力のある「しなやかな組織」を持つ企業のみです。

企業の一番の命題であり、最も大切な経営目的は、永続することであり、どんなに素晴らしい社員さん、どんなに優れた商品を持っていても、企業が永続出来なければ企業の存在価値はありません。

永続出来る企業こそが、社員さんを物心両面において幸せに導き、安心して働ける会社となります。

社員総会は年に一回ですが、全社員の皆さんと一同に集まり、今年度の方針を皆さんに知って頂き、そして、皆さんと顔を合わせて、コミュニケーションを図り、心と力を合わせて一枚岩の「強くて、しなやかな組織」を作り、未来へと永続出来る企業となることを目指したいと思います。

さて、今年度の社長方針は

「初心に戻り、増員、創客、増収、増益を目指す」です。

初心にもいろいろな意味合いがありますが、最も大切なのは「素直な心」と「前向きの向上心」です。

我が社に入社される方はタクシー未経験の方がほとんどですので、誰もが仕事を覚えるために素直に教育係や先輩のアドバイスに耳を傾け、そして一日でも早く一人前になるために一所懸命に努力されたと思います。

そして多くの体験を積んで一人前の仕事が出来るようになられました。

しかし、もうこれくらいでイイだろう、と前向きな向上心を手放した時から人間も企業も衰退していきます。

お客様のニーズは年々(日々)進化していきますので、それに対応するためには素直な心で常に前向きに向上していく努力が必要です。

日々進化するお客様ニーズや社会環境の変化に、的確に正確に迅速に対応出来る「強くて、しなやかな組織」を作り、企業と人の成長発展を通して永続出来る企業となるために、初心の心を大切にしたいと考えて今年度の社長方針を「初心に戻る」と掲げた次第です。

皆さんのご理解とご協力をよろしくお願いいたしますと共に総会でお会い出来ます事を楽しみにしています。

 

感謝合掌 山内 恭輔

223号

社長短針 2016年4月 第223号

 

目的と目標を明確にする

 

スポーツの世界で、強いチームは目的と目標を明確に分けて、勝ち負けを目的にしていません。

勝ち負けを目的にするとチーム内で大きな問題がたびたび起きるようになり、チームワークは乱れます。

何故なら、勝った時はチーム内の雰囲気は良いのですが、負けた時には監督は不機嫌になりますし、チーム内で悪者探しが始まるからです。

そして、チーム内の雰囲気が悪くなり、人間関係がぎくしゃくして、ちょっとした事で人間関係のトラブルが起きるようになります。

ちなみに、サンフレッチェの監督に就任して4年間で3度の日本チャンピオンという輝かしい実績を上げている森保監督の掲げる目的は、日本一魅力あるチームであり、魅力ある人間作りです。

そして、目標は試合に勝つ事です。

目的が魅力あるチーム作りであり、魅力ある人間作りなので、負けた時こそ成長、成功へのヒントが沢山出て魅力ある人間作りのチャンスとなります。

チームのメンバー全員が負けた原因を考えて前へ進むからこそ魅力あるチーム作りが出来て、チームが一丸となるので、一切トラブルが起きないそうです。

ですから、試合のたびに、勝って喜んだり、負けて悔しがるようなことはしません。

試合の勝ち負けで一喜一憂していては選手の精神波動が大きくなり心のバランスが崩れるからです。

大切な事は、一年間を通じて平常心を保って過ごすことです。

負けても、連敗しても落ち込む事なく頭を切り換えて次の試合へ臨む事で日本チャンピオンという大きな成果を手にする事が出来たそうです。

企業も売上を上げる事を目的とすると、仕事の内容で一喜一憂するようになり、心が乱れやすくなり、お金という魔物に魂を売ってしまいます。

仕事の目的は誰からも信頼され尊敬される魅力的な人間を目指して自己成長を図る事です。

そして、目標は無事故で運行して、快適な接客で心からのありがとうを沢山作り出し、創意工夫と集中力で生産性を上げる事です。

そうする事で大切な家族、仕事の仲間、友人、お客様から貴方に出逢えて良かったと言われるような人間になりたいものです。

仕事場を人間的魅力を高める人生道場と考えて、お互いに切磋琢磨していこうではありませんか。

感謝合掌 山内 恭輔

222号

社長短針 2016年3月 第222号

 

既に皆さんご承知のように大変に残念な事ですが、タクシー課にてチケットの不正行為による料金横領事件が発生しました。

事件が発覚して、直ちに班長職以上の管理者の皆さんへ「罪を憎んで人を憎まず」という内容のメールを配信しましたが、私に取りましては痛恨の極みでした。

「何故、彼がやったの」という驚きと同時に、頭の回転が早く聡明な彼に対して、これからの活躍を大きく期待していたので正直に言って「裏切られた」という怒りと悲しみが入り交じった複雑な感情が溢れました。

しかし、怒りの感情にて人を責めても何も得るものはありません。それよりも、ご縁あって我が社にて働いて下さっている社員さんが二度と欲望に支配されないように導く人財育成が急務であると頭を切り換えて「罪を憎んで人を憎ます」とメールに書いた次第です。

お金は人間が作り出した便利な道具であり、お金によって多くの欲望を満たす事が出来ますが、時として、お金は人の心を支配する魔物になり、お金を巡って多くの事件やトラブルが起きています。

お金という欲望に支配されてはいけない、と頭で分かっていても、そうは簡単にいかないのが人間の性です。

しかし、人間のサガだから仕方ない、と諦めるのではなく、吉田松陰が「人は学ぶ事によって人と成る」と言われているように、人間として歩むべき正しい道(価値観)を学んで実践する事が重要です。

正しい道とは我が社の経営理念に掲げる「人の役に立ち、人に喜ばれる生き方を目指す」という価値観です。

人間社会はお互いがお互いの役に立つ生き方をするから成立しているという真実を忘れてはいけません。

しかし、単に役に立つだけでは動物と一緒ですから、更に喜ばれるような役立ち方を考え実行する事でより人間らしい心豊かな人間社会を目指す事が大事です。

学び続けるとは、人として正しい道を踏み外さないように自らを律する努力をするという事です。

私は短気な性格ですが、カチンと来ても直ぐに顔や態度に出ないように自らを律する努力をしています。

しかし、一朝一夕で上手くいくものではなく、自らを律する事は一生の重大事だと痛感しています。

その時に、人は見ていなくてもお天道様は見ている、更には、そのお天道様は自分の心の中に存在していると考えると自らを律する気持ちが自然と湧きます。

仕事場は人間的成長を図る道場だと考え、これからも欲望に支配されることなく自らを律して、人の役に立ち、喜ばれるような仕事を通して人間的魅力の溢れる自分作りを皆さんと共にしていきたいと思っています。

 

 

 

 

第221号

社長短針 2016年2月 第221号

 

立春を迎えますと春の足音が聞こえてくると言いますが、今年も2月4日の立春以降、朝晩はまだ寒くても日中はずいぶんと暖かくなってきました。

寒暖の差が大きくなってきましたが、皆様におかれましては元気でお過ごしの事と大変に嬉しく思います。

さて、先日11日に第11回となるつばめ交通感謝祭の餅つき大会を開催しましたが、ポカポカ陽気にも恵まれて500名近くの方にお越し頂き、大変に盛況にて無事に修了する事が出来ました。

毎年多くの社員さんにお手伝いを頂きますが、今年も50名あまりの社員さんにおもてなしと感謝の心を込めた接客をして頂き、来場者の多くの方から笑顔のありがとうを頂く事が出来ました。

本当に有り難く、ご協力を頂いた社員の皆様に心から深く感謝を申し上げます。

特に餅をつくのは大変な重労働ですが、還暦を超えても更に元気な高下部長、バス課の森川さん、田川さんを始め、高橋係長や整備課のチャイさん達の活躍のお陰で百キロの餅米を25回でつくことが出来ました。

重ねて感謝を申し上げます。

ところで、来場された方から「この感謝祭の目的は何ですか?」と質問を受けました。

その時に、直ぐに頭に浮かんだ答えは「日頃お世話になっている地域の皆様への感謝の気持ちを込めて行っています」とお伝えしようと思いましたが、それでは説明が足りないと感じて「私達つばめ交通は『ありがとう経営』を目指していまして、地域で最もたくさんのありがとうを集めるためです」とお答えしました。

それを聞いた女性はニコッとして立ち去られましたが、私は自分で言った言葉に違和感を感じてしまいました。

その違和感とは、ありがとうを集める前に、先ずはありがとうをちゃんと伝えるべきだという事です。

お餅や焼き鳥などを用意して提供すればありがとうを頂けるのは当たり前と考えていましたが、それは自己中心的な考え方であり、その前に地域の方が来て下さらないと感謝祭は始まりません。

先ずは来て下さってありがとうございます、そして平素よりお世話になりありがとうございます、という気持ちをキチンと伝えながら接客するべきだったと大いに反省した次第です。

つばめ交通のビジョンも以下のように変更します。

「私達つばめ交通は地域で最もたくさんのありがとうを伝え、そしてありがとうを集めて、信頼され、尊敬される会社を目指します」

どうぞよろしくお願いいたします。

 

感謝合掌 山内 恭輔

第220号

社長短針 2016年1月 第220号

 

つばめ交通におきましては、昨年も多くの出来事がありましたが、それらを大過なく乗り越えて、新たなる気持ちで新年を迎える事が出来ましたのも、社員の皆様が平素からお役立ち精神にて誠実に頑張って下さっているお陰であり、心から深く感謝を申し上げます。

いろいろな出来事を通じて、多くの気づきもありましたが、その気づきを思うだけで終わらせることなく、行動に移して成果が出るまで継続する事が大切です。

特に命の尊さと時間の有限性を深く感じ入りました。

私達人間が天から平等に与えられているものとして、一日24時間という時間の長さがあります。

人生を百歳まで生きれるとして、例えば一日1時間の無駄遣いをすると三万六千五百時間、千五百二十日、約四年分の無駄遣いをする事になります。

これが一日十分の無駄遣いでも、六千時間、二百五十三日の無駄遣いとなります。

そう考えると一日単位ではなく、1時間、あるいは十分単位で時間を大切にしたいものですが、無駄な時間を無くすよりも逆に考えて、毎日十分でよいから自分のためになる時間を作るようにしては如何でしょうか。

私は毎日十分は本を読むようにしています。

積小偉大という二宮金次郎さんの有名な言葉がありますが、現在六十歳の私が百歳まで毎日10分の読書を継続出来たら、二千四百時間、百日間連続の読書をしたことになります。

新聞も良いですが、単なる情報誌よりも、やはり自己研鑽となるような本(心の栄養剤)を毎日10分でも読む方が人間力の向上につながると思います。

特に月刊誌「理念と経営」と「致知」はお勧めです。

また、命の尊さを感じた時に、命ある者同士とのこの世におけるご縁を更に大切にしたいと考えました。

私は名刺交換をしたり、お世話になった方へお葉書を出すように心掛けていて、昨年は年賀状を含めると二千通あまりの葉書を書きました。

単に印刷したものを出すのではなく、その方の事を思い、手書きにて、お名前と一言添えています。

「縁ありて花開き、恩ありて実となる」という私の大好きな言葉がありますが、縁を大事にして実を結ぶ事が人生の妙味であり、一度しか無い人生をより充実した幸せ多いものに出来ると思いますが如何でしょうか。

正月は正しい事を考えて、正しく実行する月です。

皆様は今年一年、何を実行されますでしょうか。

行動は足元から、という言葉があるように、先ずは簡単な事から始めては如何でしょうか。

皆様の益々のご活躍とご多幸をお祈りしています。

 

 

第219号

社長短信 2015年12月 第219号

 

有終の美を飾りましょう

 

私事で恐縮ですが、今年、還暦を迎えて時が経つのが年々早く感じるようになりました。

 

健康年齢という言葉がありますが、元気で動ける平均年齢を80歳としたら、残りは4分の1ですから余計に時の過ぎるのが早いと感じるのかも知れません。

 

時は金なり、という諺がありますが、お金で時が買い戻せるものなら幾らでも払ってやり直しをしたい事が多々あります。

 

しかし、残念ながらどんなに大金を払っても過ぎた時は買い戻せません。

 

時が経つのと並行して命も刻む訳ですから、時は命だと考えるべきではないでしょうか。

 

時は命だと考えるようになって、私は時の大切さをより一層に深く感じて、時を大切に丁寧に過ごしたいと考えるようになりました。

 

1日24時間という時間は人間に平等に与えられているものですが、その使い方次第で人生は大きく変わる事は皆さんはよくご存じのはずです。

 

一事が万事、という言葉があります。

 

意味は、一つの事を励めば、万事は好転するという意味であり、一つの事をおろそかにせずにやり抜く事が大切だという教えです。

 

一つの事をおろそかにすると全てがイイ加減になるのが人間の常のようです。

 

例えば、一旦停止をキチンと行わない人は、安全確認もおろそかになる傾向が強いようです。

 

車の清掃を丁寧にされている人は、接客面においても大変に丁寧で細やかな心配りをされています。

 

生活面においても、玄関先でキチンと靴がそろっている家庭は家の中もキレイに整理されていますし、更には家族の人間関係も丁寧で和やかです。

 

今年も残り少なくなりましたが、あれもこれもと欲張ってやろうとするよりも、何か一つの事をやり抜く事で万事が好転すると考えて、どんな小さな事でもよいから何か一つやり抜いてみませんか。

 

その事が時を大切にする事となり、更には有終の美を飾ることにつながると思いますが如何でしょうか。

 

末筆になりましたが、今年もつばめ交通でご縁のあった皆さんには大変にお世話になりました。

 

心から深く感謝を申し上げます。

 

そして来る年が皆様にとりまして更に幸多いものとなりますように心からお祈りしています。

 

 

感謝合掌 山内 恭輔

1 2 3 4 5 6 7 12