社長短信の記事一覧

第251号

社長短信 2018年7月 第251号

 

梅雨が明けて夏の強い日差しが届く季節になりました。寝苦しい夜になりますが睡眠不足は万病の元とも言いますので十分な睡眠を取る工夫をされ職業プロの責任として万全の健康管理をよろしくお願致します。

さて、私は「会社は経営者の器以上には大きくならない」という言葉に二十数年前に出会って以来、経営の勉強をしていますが、最古の人生指南書と言われる論語を毎月一回欠かさずに京都の地で勉強しています。

論語は二千五百年前に孔子様の言葉を弟子達が約五百章にまとめたものです。二千五百年の長きにわたり多くの人達の検証を受けて今でもそのまま通用する内容ですので論語は生きた生活の智恵とも言われます。それだけに論語は大変に味わい深いものであり、若い頃に読んだ同じ文章を時を経て読んでみるとその時の立場や心境によって違う味わいを感じる事があります。

つい最近も「知足(足るを知る)」という言葉の解釈の深さに改めて感じ入るものがありました。

今までは「足るを知る」という言葉を「今の立場や収入に見合った生活をしなければならない」と解釈をして身分不相応な生き方を戒める言葉だと考えていました。しかし、私が大変に尊敬する先輩経営者の方から「足るを知るとは気づきと感謝だよ」と言われ、はたと思い当たるものがありました。

私達は五体が満足である事、親兄弟がいる事、家族がいる事、仕事がある事、目の前に食べるモノがある事を当たり前のように考えていないでしょうか。決してこれらは自分一人の力ではどうすることも出来るものではありません。

足るを知るとは目の前にあるものは当たり前ではなく有り難いことだと知ることです。

五体満足であることは有り難いことです。

親兄弟や家族がいることも有り難いことです。

仕事があることも有り難いことです。

何事も有り難いと考えると自然と感謝の気持ちが湧いてくるのが人間の情であり、その気持ちを実行することで人間力が高まります。

親兄弟や家族がいる事を有り難いことだと考えて大切に丁寧に関わりたいものです。

仕事を出来る事が有り難いことだと考えて丁寧な仕事をして一人でも多くの人から「心からのありがとう」を頂けるようにしたいものです。

食べ物も残さずに丁寧に食べたいものです。

このような私達大人の生き方、考え方を子ども達はしっかりと冷静に見ています。大人の責任として子ども達に善きお手本となる生き方を目指したいものです。

感謝合掌 山内 恭輔

第260号

社長短信 2018年6月 第260号

 

ご恩送り

 

今月でつばめ交通は創業六十七年を迎えます。

これも創業から現在まで会社を支えて下さった数多くの社員の皆様と取引業者様、そしてお客様のお陰であり、本当に有り難く嬉しく思います。

そして、今月は私の六十三回目の誕生日でもあり、多くの社員の皆さんから心温まるメッセージが満載の寄せ書き色紙を頂きました。

毎年、誕生日に寄せ書きを頂きますが今年もまた、更に頑張ろうという熱い気力が湧いてきました。

大変に嬉しく、深く感謝申し上げます。

誕生日という節目に今までの人生を振り返った時に、会社と同じように多くの方に支えて頂き今を生きているのだと強く深く有り難く思います。

六十歳までは多くの方々から恩を与えて頂く事が多い人生でした。

先ずは両親からたくさんの無償の愛を頂きました。

その大恩を忘れてはいけないと思っています。

そして、兄弟や友人、先生、職場の仲間、知人、更には目には見えない数多くの方々から恩を与えて頂く事で今の自分が存在出来ています。

これからも多くの方に恩を与えて頂きながら人生を送っていきますが与えて頂いた以上に恩に報いる努力をする事が60歳を超えた人間として大切な正しい生き方だと深く感じるようになりました。

その時の大事な心構えが「かけた情けは水に流し、受けた恩は石に刻む」と「ご恩送り」の二つです。

「ご恩送り」とは、恩を与えて下さった人へ直接に返すよりも第三者へ恩を与える事です。

先輩に食事をおごってもらったら、先輩に返すよりも自分の後輩に食事をおごる、あるいは親から受けた大恩を子供や孫に与える、これが昔から大切にしてきた日本人の良き精神的伝統です。

ご恩送りは次世代の人々への無償の贈り物です。

見返りを求めず、この「ご恩送り」を大切にしてきたからこそ日本人には世界に誇れる「真心からの思いやり」の精神文化が息づいています。

私も今までに頂いたご恩への感謝の気持ちを深く心に刻み、更に多くの「心からのありがとう」を創り出し、つばめ交通に関わる全ての人の幸せを実現出来る理想の会社に一歩でも近づく事がご恩送りであり、その実現が私の使命だと考えます。

これからも一所懸命に精進して参る所存ですので、皆様からのご理解とご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

第249号

社長短信 2018年5月 第249号

 

社員総会に向けて

 

毎年恒例の全社員総会を今月29日、30日にガーデンパレス様をお借りして開催します。

総会の開催目的は「強くてしなやかな組織を作り、永続することで、つばめ交通に関わる全ての人の幸せを実現すること」です。

強くてしなやかな組織とは、目標達成能力が強く、時代の環境変化にしなやかに対応出来る組織です。

そのためには組織内の風通しを良くして、つばめ交通が向かう方向と作り出すべき成果を皆さんが理解して納得していることが必要です。

更には作り出すべき成果に向かって皆さんの心が一致団結していることが必要です。

向かうべき方向として今年度の社長方針を

「意識改革で原点回帰」と掲げました。

そして作り出す成果目標は更に多くの「心からのありがとう」を頂ける会社となることです。

意識改革とは、今までのやり方にとらわれることなく、時代の環境変化に合わせ、効率性が更に高いやり方を新しく考えて実践することです。

そして、原点回帰とは仕事の原点「人の役に立ち、喜ばれ、必要とされること」の更なる深掘りと、人間の原点「真心からの思いやり」を存分に発揮することです。

そうすることで更に多くの「心からのありがとう」を頂き仕事への誇りを高めると共に、生産性を向上させて物心両面の満足を作り出します。

意識改革の一例を挙げると、私達は認可事業ですが一律のハイヤーやバス料金を今年度からトラベル課を経由して車種のグレードアップ料金や、英語対応などの付加価値分を料金に上乗せします。

そうすることでハイヤーやバスへ乗務をされている人への待遇を改善向上していきます。

また、今まで受け身の受注でしたバス課やハイヤー課の営業を積極的に展開すると共に、全社的に顧客密着度を更に深めて、待ってでも選んでご利用頂けることで仕事の効率と誇りを更に高めて、皆さんの物心両面の幸せを実現していきます。

そのためにも社員総会を通してお互いが顔を合わせて和気あいあいの良好な人間関係を作り出し、仕事には真剣に取り組むプロ意識を高める事で、更に強くてしなやかな組織を作りたいと思います。

仕事明けでお疲れの方が多いと思いますが皆さんのご参加を心からお待ちしています。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

感謝合掌 山内 恭輔

第248号

社長短信 2018年4月 第248号

 新しく平成30年度が始まり、今年も社員の皆さんから公募して作成しました年間スローガンは以下の通りになりました。

感謝の心でおもてなし、更に磨いてあふれる笑顔

そして30年度の経営方針は
意識改革で「原点回帰」
仕事の原点(人の役に立ち、喜ばれ、必要とされる事)、人間の原点(真心からの思いやり)に帰り、仕事力と人間力の深掘りをすることで、更に多くの「心からのありがとう」を頂ける会社となる
と掲げました。
スローガンや方針を掲げる目的は、仕事をする時の心構え、仕事のやり方を明確にすると共にやる気を引き出して効率よく成果を作り出し、仕事の質を高めるためです。
仕事の目的は「人を幸せにすること」です。
決してお金儲けのために仕事をするのではありません。お金は人幸せにするための道具です。
お金を目的にして仕事をすると人間は手段を選ばなくなり、時には悪魔に魂を売ってしまいます。
スローガンに掲げた「感謝の心でおもてなし」とは、つばめ交通で最も大事にしている人間の原点「真心からの思いやり」そのものです
人は一人では生きていけない事は頭では分かっていますが、自分一人で生きているのではなく、周りから支えてもらって「生かされている」という意識が薄いと思います。
人間が生きていく上で必要な水や電気や食べ物も自然に発生しているものではありません。
人の手によって作り出されています。
私達のタクシーやバスの仕事も人間の大事な時間を効率よく使うお手伝いをして「助かったよ、ありがとう」と言われ必要とされる大事な仕事です。
お互いが必要とされる事で感謝の心が湧き上がり、おもてなしの心が形となって表れるのが笑顔です。
そう考えると大変に素晴らしいスローガンです。
経営方針も常に初心の心である「素直な心と前向きな向上心」を忘れないために「原点回帰」と掲げ、それを実践する時に過去のやり方や固定観念にしばられることなく意識改革をして、いろいろな方法にて人間力と仕事力を高め、更に多くの「心からのありがとう」を頂きたいと考えます。
今年度も、先ずは、皆さんが無事故で無事に過ごされますことを心からお祈りしています。

第247号

社長短信 2018年3月 第247号

 

去る平成30年3月4日につばめの仲間である山音孝文さんが享年70で亡くなられました。

亡くなられる前日まで元気で仕事をされていた姿を多くの仲間が見ていましたので直ぐには信じる事が出来ませんでした。お通夜式、本葬にと多くの仲間と参列させて頂き、現実を目の当たりにした時に悲しい別れを実感しました。

すべての人はこの世に生まれてくる時に使命、すなわち命の使い方を授かっていると言われます。

山音さんは自らの命を使って「寛容」の大切さを仲間やお客様との普段からの接し方を通して身をもって教えて下さったと思います。

山音さんはどんな時でも決して人と争う事もなく、常に笑顔で接して相手を受け入れる方でした。

私達接客サービス業は多くのお客様と接しますがお客様も常に機嫌の良い時ばかりではありません。

人間は不完全な存在ですから時には度を超した喜怒哀楽の感情表現もします。

特にお酒が入ると人間の本能がむき出しになる方もいますので、そのようなお客様に対して寛容である事は口で言うほど簡単ではありません。

けれども山音さんは常に寛容の精神を深く持って冷静に対応され、接客サービス業のプロとしての見事なお手本を私達に示して下さいました。

山音さんのお手本を素直に学び、私達が自らの寛容の精神を更に深めることが山音さんの遺志を引き継ぎ、いちばんの供養になると感じた次第です。

更にもう一つ山音さんの使命として「時の有限性」と「時間の大切さ」を教えて下さったと思います。

人間に唯一平等に与えられているものは「死」ですが、寿命は人によって違います。

すなわち人に与えられた時間の長さは違うのです。

今日一日、仲間と一緒に元気に働いていても、明日も一緒に働けるかどうかは判らないのです。

時の有限性を知った時に人は二通りに分かれます。

一つは好き放題に勝手な生き方をする人です。

もう一つは時の大切さを知って、一日のみならず一分一秒を大事にする生き方です。

私は悲壮感を持った生き方は勧めません。

それよりも常に完全燃焼を目指して与えられた命が輝くような生き方をしたいと思います。

そのためにも今、目の前のやるべき事に全力投球で生き抜くことが山音さんへの最高の供養となると思いますが如何でしょうか。

山音さんのご冥福を心からお祈り申し上げます。

合掌 山内 恭輔拝

第246号

社長短信 2018年2月 第246号

 

先般、私の愛読書であり、つばめの管理者の皆さんにも配布しています月刊「致知」の創刊四十周年の記念講演会に参加してきました。

その中で三重県大峯寺にて千日回峰行を満行された塩沼亮潤大阿闍梨さん(以下、塩沼さん)と致知出版の藤尾社長さんのお話を聞かせて頂き、大変に感動しましたのでその一部を皆さんへ報告したいと思います。

今年五十才になる塩沼さんは三重県金峯山が開山して千三百年の間で満行者が二名しか居ないという、毎日往復四十八キロの山道を走破する大変に過酷な千日回峰行を二十四才から毎年百二十日、九年間かけて満行された方です。

私は有り難いご縁があって、塩沼さんとは二度ほど親しくお話をさせて頂く機会がありましたが、威厳とか近寄り難いという雰囲気を超越され、時にはジョークも言われ、いつまでも一緒に居たいと思うほど気さくで優しい微笑みを持つ方です。

過酷な体験をすると人間は大きく変わると言いますが、吸い込まれそうな優しさを持つ本物の人間とはこのような方を言うのだろうと思った次第です。

その塩沼さんが回峰行を始めて五百日目くらいの頃、疲労で体調を崩し下痢も止まらず体力の限界が来て動けなくなり、もうダメだと思った時に苦しくても頑張っている母親の姿が目に浮かび、その瞬間に身体の奥から力が湧いてきて再び歩き出す事が出来たそうです。

人間は死ぬ間際の限界ギリギリになった時に最大限の力が発揮出来るという体験をされたのですが、その時の力の源が母親の存在ですと言われました。

そして、人間は教えてもらう学問よりも日常の人生の先輩の姿から学ぶ事が一番大切です、だから自分の一挙手一投足が子供達や世間に大きな影響を与えている事を自覚して真剣に生きて下さいと言われました。

親としても社会人としても自分の後ろ姿に責任を取れる生き方を目指したいと強く思った次第です。

また、小さい頃に食べ物の好き嫌いをさせないことで忍耐力が養われるとも言われました。この忍耐力にてどんな人でも受け入れる事が出来て、優しさが生まれ、人生を幸せに生き抜く一番の力となります。

忍耐力は言い換えれば自らを律する自律心ですが一生をかけて手に入れる努力をして下さいと言われました。

致知出版の藤尾社長は仕事上、たくさんの成功者を知る機会がありますが、その成功者の多くの家庭では母親が父親を信頼し尊敬していると言われました。

私も今から間に合うか分かりませんが仕事を通して人間力と仕事力を更に高めて女房からの信頼と尊敬を更に得たいと思いました。

感謝合掌 山内 恭輔

第244号

社長短信 2017年12月 第244号

有終の美を飾りましょう

 今年も残すところ2週間あまりとなりましたが
皆さんにおかれましてはどんな一年でしたか?
有終の美を飾るとは、今年を最後までやり抜き、立派な成果を作って締め括る事で来年を更に良い年にしようという前向き発想の行動です。
そのためには今年一年を謙虚に振り返り、素直な心で反省をする事が必要です。
その時の大切な心構えが「後悔よりも反省」です。
後悔とは後ろ向きのエネルギーであり、得るものは何もありませんから時間の無駄遣いです。
反省とは吾が身を謙虚に省みて上手くいっていないところを省く努力をする事であり、このような素直で前向きな生き方を大事にしたいと思います。
 さて、反省という観点で今年を振り返りますと、還暦を迎えて2年余りが経ちましたが私と同じ年代の人達を見て、同じように歳を積み重ねていても人間は大きくは二通りに分かれる気がします。
一つは人間として円熟味が増して更に人間的魅力が溢れている人と、もう一つは何故かしら人間的魅力が枯れて人間味が薄くなってきた人です。
その違いをよく観察してみると平素より感謝と誉め言葉を多用している人は年々歳を積むことで更に人間的魅力が増しているように感じます。
それに反して、不平不満が多くて、人のせいにしてばかりで良い点を見つける事が出来ない人は次第に人間的魅力が無くなっているように感じます。
もちろん、人間は不完全な存在ですからいつも感謝や誉め言葉ばかりを言っているわけではなく、時として不平、不満や悪口も口に出ると思います。
私は不完全な人間の代表格ですから不満や悪口を言ったり考えたりすることはたびたびであり、常にプラスのエネルギーを出し続ける事が出来るほど人間的に強くはなく、完成度は不十分です。
しかし、マイナスのエネルギーよりもプラスのエネルギーが少しでも多く出るように「ありがとう」の言葉を多く使い、人の長所を見つけて口に出して誉める努力をしています。
一朝一夕にて人間的魅力が身につくわけではありませんが、次のような言葉があります。
「点点相連ねて線を成す。線線相並べて面を成す。面面相重ねて体を成す」
どんなに小さな一点(行い)でも毎日真面目に積み重ねる事でいつかは形に出来ることを目指して、新たなる気持ちで新年を迎えたいものです。

感謝合掌 山内 恭輔

第442号

社長短信 2017年10月 第442号

 

幸せの心理学研修会について

 

先般の私の週間一言にて、幸せの心理学研修会の開催目的を「良好な人間関係を作る事でより幸せな人生を実現するため」とお伝えしましたが、この研修会との出会いは25年前になります。

先代の社長であった私の父が亡くなり、私が社長を引き継いだ時に、社長としての勉強の必要性を感じて、日本創造教育研究所という経営の勉強をする会社の門を叩いたのがきっかけです。

当時は社長になった気負いもありましたが、短気でごう慢で威圧的で、人生観において攻撃は最大の防御なり、と考える激しい性格でした。

そんな気性では良好な人間関係を作る事も出来ず、社員さんから尊敬どころか信頼を得ることすら出来ていませんでした。

頭では素直になり、相手を受け入れて仲良くしたい、と思うのですが実際にはなかなか上手く出来なくて毎日悶々としていました。

その時に出会ったのがこの幸せへの心理学でした。

この研修を通して自分の短所や長所を改めて知り、何故、良好な人間関係を作ろうとしても上手くいかないのか、働きやすい職場にするためにはどうしたらよいのか、などの課題を明確にすると共にそれらの改善策を見つけることが出来ました。

先ずは自己変革の一歩として、当時は笑顔がまったく出ない人間でしたので、笑顔の訓練を毎朝、洗面台の鏡を見ながら始めました。

最初は笑顔をする事が下手で作り笑顔しか出せませんでしたが、毎日やっているとだんだんと板についてきて、自然と人間関係が良好になりました。

まだまだ百点ではありませんが、時々ですが笑顔を誉めてもらえるようにもなりました。

初めて笑顔を誉められた喜びは今でも忘れません。

社長として、父親として、人間として合格点にはまだまだ至りませんが、合格を目指して努力している自分を少しは承認出来るようにもなりました。

自分を認める事が出来るようになって初めて人生の喜びや楽しみが深く分かるようにもなりました。

このような心境になれたのも幸せの心理学を学んで自分の事を深く知り、上手くいっていない点の改善策を見つけ出して努力した成果です。

つばめ交通の社員の皆さんが自分自身を深く知り、更に良好な人間関係を作る方策を見い出されて、少しでも幸せな人生作りのお手伝をする事が社長としての使命だと考え、開催いたします。

第241号

社長短信 2017年9月 第241号

 企業活動の一番の目的はお客様創造です。
更に、生産性の高い仕事にするためには、待ってでも選んでご利用下さるお客様、すなわちつばめのファンを創り出さねばなりません。
ファンのことを顧客と言います。
顧客を多く持つ事で生産性が高くなり、売り上げを向上させ、収入も高めることが出来ます。
更には、選ばれるような仕事をする事で、仕事に対する誇り、一緒に働く仲間にも誇りが持てます。
仕事に従事する時間は、人生の大半を占めますが、その仕事の目的を単に生きていくため、家族を養うためという義務役割だけで仕事に取り組んでは人生に豊かさも深い幸せも感じる事が出来ません。
やはり、仕事の原点である、人の役に立ち、喜ばれ、そして選ばれる努力をして仕事や仲間に誇りが持てるようにする事が大切だと私は考えます。
では、多くの顧客を持っていれば誇りは持てるし、安心か、というとそうではありません。
顧客は一年で平均15%減少すると言われます。
理由は、転居、転勤、退職、死去などです。
と言う事は、安定した売上を確保するために毎年15%以上の新規顧客を創り出す必要があります。
新規の顧客を創り出すためには、お客様はタクシーに何を求めているのかを知る必要があります。
お客様が安全以外に求めるものには三つあります。
1つ目は利便性です。タクシーに便利さ、すなわち早さを求められますので、タクシーは選ばずに目の前のタクシーに乗られます。
2つ目は合理性です。料金の安さを求められますので、会社ではなく、小型車を選ばれます。
3つ目は快適性です。早さや安い料金よりもタクシーを快適に安心して利用したいという方です。
利便性や合理性を求めるお客様は会社を選ばれませんので、顧客(ファン)にする事は困難です。
私達が狙うのは快適性を求めるお客様です。
だからこそ、人間の原点「真心からの思いやり」の存分なる発揮が重要だと考えて今年の社長方針に「原点回帰」と掲げました。
料金や時間と違い、快適性は数値化が難しくて、目に見えにくいものですが、皆さんの目配り、気配り、心配りによって真心からの思いやりをお客様に感じて頂き、快適性を高める事は可能です。
同じ挨拶や会話でも、ご乗車頂いた事への感謝の気持ちを深く持つ事で真心からの思いやりを存分に発揮して、やっぱりつばめに乗って良かったと言われたいものです。  感謝合掌 山内 恭輔

第240号

社長短信 2017年8月 第240号

 人間の原点である「真心からの思いやり」を端的に分かりやすく形に表せるのは礼節です。
「礼節」とは社会生活の秩序を保つために人間が最低限に守るべき礼儀と節度です。
「礼儀」とは相手を敬い、自らを律し、謙遜して、行いを丁寧にすることです。
「節度」とは相手と時と場合に応じて「礼儀」を正しく行動に出来るようにすることです。
礼節を正しく身につけている人の心の根底には感謝の気持ちが溢れていますので自然に他人に対して真心からの思いやりが湧いてきます。
衣食足りて礼節を知る、という諺がありますが、現代社会のように衣食が十分に足りていても礼節が身についていないのは心の余裕がないからです。
物欲に支配されている限り、人は心に余裕が持てませんから、人への思いやりも持てません。
礼節を正しく身につけるという事は、物欲に支配されない健全な生き方を身につけるという事です。
礼節を身につけて初めて一人前の人間といえます。
先般の週間一言にて、高運収を上げる三宅恵美子さんの秘訣を書きましたが基本は礼節です。
数字に一喜一憂する事なく、お客様との出会いを楽しみながら仕事をすることで、平常心を保ち、粘り強く仕事に取り組むことが出来るという礼節に基づく大切な心構えを教えて頂きました。
三宅さんも普通の人間ですから物欲はしっかりとお持ちです。自分の老後のためだけでなく、特に可愛いお孫さんのため、欲しがるものを十分に買えるお金を得るために頑張って働いておられます。
しかし、三宅さんは物欲に支配される事なく、物欲を上手に活用してヤル気を引き出し、粘り強く仕事をされます。そして、近距離であろうが、酔客であろうが、どんなお客様に対してもご乗車して下さり有り難い、と感謝の気持ちに溢れ、真心からの思いやりを持って接客されています。
「不思議な事に次から次へとお客様が乗車されるんですよ」と三宅さんは謙遜されますが、それは平常心から引き出す粘り強さと集中力の成果です。
三宅さんは人生を楽しく幸せに生きる達人であり、是非とも学びたい生き方のお手本だと思います。
三宅さんから学ぶべきポイントは
一、どんな小さな事でも感謝する心を大切にする
二、誰に対しても真心からの思いやりを持つ
良い事は直ぐに素直に真似る、これを大切にしたいと思いますが如何でしょうか。
感謝合掌 山内 恭輔

1 2 3 4 5 12